幸せのハッピーウェディング成功ために
   
ウェディングベアについて
華やかな席にはフォーマル!
世界にひとつだけ
 

ウェディングベアについて

 

ウェディングベアはウェディングセレモニーの受付に プリザーブドフラワーアレンジメントなどと一緒に飾られます。他にはウェディングベアも用意しておきたいところです。 ウェディングスーツとウェディングドレスを着た熊のぬいぐるみです。 熊は母性愛が強い事から、いい母親になれるという事で、よくウェディングシーンに登場します。 ここではウェディングベアで頻繁に使われるテディベアの歴史を紹介したいと思います。ウェディングベアの由来は、 アメリカの1900年代、ルーズベルト大統領一行が熊狩をしていましたが、一向に獲物はつかまりません。 そこで小熊を捕まえてきて木に縛りつけ、大統領に撃たせようとしました。 それを見た大統領はフェアではないので逃がすように命じます。 これがメディアで報道され、大反響を呼び、大統領の愛称「テディ」を取って「テディーベア」が商品化され、 今日ウェディングベアとして頻繁に使われています。 ウェディングベアでよく使われるテディーベアは おむつケーキと同様、子供ができたお祝い(出産祝い)に大人気です。 そしていつしかプリザーブドフラワーのように ウェディングプレゼントに贈られるようになったそうです。

華やかな席にはフォーマル!

 

最高の素材で作るテディベアなら、プリザーブドフラワーに彩られた華やかな挙式、 披露宴の会場にふさわしい格式をかもし出してくれます。 フォーマルな席にはフォーマルな服装というのが最低限の礼儀。 そんな礼儀はベアには無関係よ、と思われるかもしれませんが、テディベアと大量生産のぬいぐるみでは、 華やかな席に出た時ほどその違いが際立ってしまいます。 人工繊維生地を用いたぬいぐるみが、晴れの日にどれほど安価に見えるものか当日になってわかってももう後の祭りです。 ウエディングベアは昨今のウエディングのマストアイテム。 華やかな席をよりいっそう盛り上げてくれるはずのベアが、安っぽい印象を与えてしまったり、 誰も目をとめてくれないようでは全く意味がありません。 大切なゲストが集まる一生で一番華やかな一日。 そこには、それにふさわしい品格が求められるのです。

世界にひとつだけ

 

日本のウエディング事情は大きく様変わりをしてきています。 取引先や上司をお呼びして、お仲人さんをたててこれからのふたりをよろしくお願いします、 とちょっとかた苦しい挨拶をする披露宴のスタイルから、ふたりらしさを大事に、気心の知れた友人や仲間、 尊敬する人をお呼びしての心に残るパーティスタイルへと。 オリジナリティを表現するキーワードとして、「手作り」が俄然注目されています。 中でも手作りウエディングベアの人気はうなぎのぼり。 お式の間中ゲストの目を楽しませてくれ、ふたりの新生活が始まってからもずっと記念にできるから、というのがその理由です。 100年以上もの歴史をもつテディベアなら、お式の日だけで終わらないので手作りのかいもある。 また、ウエディングをきっかけにテディベア作りの楽しさに目覚め、 赤ちゃんができた時にママの手作りベアをプレゼントしてあげられるのも嬉しい。 世界にひとつしかないあなただけのテディベア。 心を伝えるのにこれほどふさわしいものはないでしょう。 お友達から頂いた、テディベアをあしらったおむつケーキは、なんだかもったいなくて今でも おむつを買ってきては詰めてを繰り返し、「おむつケーキ」のカタチを保っています。 ウェルカムベアを準備するならウェルカムボードも是非ご一緒に準備してみませんか?別ページ(ウェルカムボードは結婚式を象徴する大事な役目)にて詳しくご紹介しています。

注目サイト

脱毛サロンに静岡から向かう

Last update:2017/7/12

 

Copyright 2011 幸せのハッピーウェディングのために All Rights Reserved.