幸せのハッピーウェディング成功ために
   

welcomeboardについて

ウェルカムボードとは

 

会場の入口に置き、ゲストを最初に迎えるウエルカムボード。結婚式の日付とふたりの名前やメッセージを入れたボードをイーゼルや額で飾るのが定番。それにプラスしてプリザーブドフラワーを活用してみるのも面白いですよ。挙式会場、披露宴会場、二次会などのパーティ会場すべてに飾るものなので、結婚式で使用したものをそのまま二次会会場まで持っていくケースが多いです。

結婚式を象徴する大事な役目を果たすものだから、ふたりの結婚式のテーマに合わせたこだわりのボードを用意したいですね。アイデアは自由!花やリボンで飾る以外にも、ここはぜひふたりらしさが伝わる素敵なアイデアでゲストをおどろかせましょう!例えば、前撮りした和装写真を等身大パネルやバナーに引き伸ばしたり・・・。

ふたりの趣味にちなんでサーフボードをディスプレイに使うなんてのもアリ!写真や木の実をコラージュしてクラフト感たっぷりに仕上げる手作りも素敵ですね。今では欠かせないウェディングアイテムになって来ていますが、ウェルカムボードが定番になったのは近年のこと。以前は「○○家△△家 御両家結婚披露宴 会場」などと書かれたものを結婚式場が用意していました。

ウェルカムボードの種類

 

ウェルカムボードは、その作り手によって何種類にもなりますが、最もポピュラーなものをあげると、ミラータイプ、ガラスタイプ、ライトアップタイプ、石や金属、木やタイル等を使ったものが多く使用されています。

手作りのウェルカムボードや似顔絵ウェルカムボード、和風ウェルカムボード等、自分らしさ、自分達らしさを演出するためオリジナルで作る人たちも増えています。

結婚式や母の日、誕生日にお祝いの気持ちをプレゼントに込めて。様々な記念品を販売しています。


ウェルカムボードの役割

 

ウェルカムボードには大きく2つの役割があります。まずは一番大切な案内板としての役割です。ここは誰と誰の結婚式なのか(披露宴・パーティー会場なのか)を来客者にお知らせするというものです。

広い結婚式場などの場合は同じ時期・時間帯に同じような披露宴やパーティーがとり行われているがありますし、またレストランなどの場合も入口にそういった案内の役割を持つボードがあれば誰でも一目瞭然でわかりやすくお店にも入りやすくなります。もう一つの役割としては、披露宴やパーティーのコンセプトをアピールできるというものです。 "アットホームな雰囲気"であるとか、"手作りの結婚式"、"ちょっと気取って都会な"などといったパーティーの主催者の目指したいかたちを触り程度にゲストに伝えらることができます。

ボードには会の内容を文で書くよりも、主催者の写真やフラワーアレンジなどといった本人たちの趣味で作ってみると、後の披露宴で二人の趣味などを紹介されるときに使うこともできて一石二鳥です。

 

Copyright 2011 幸せのハッピーウェディングのために All Rights Reserved.