幸せのハッピーウェディング成功ために
   


 

たくさんあるブーケのデザインをご紹介します

 キャスケードブーケ  ティアドロップブーケ
 ラウンドブーケ  クラッチブーケ
 クレッセントブーケ  アームブーケ
 オーバルブーケ  シャワーブーケ
 バスケットブーケ  バックブーケ
 リースブーケ  リングブーケ
 

花嫁の持つブーケの種類の一つであるバックブーケの特徴をご紹介します。バックブーケの特徴とは、バックブーケに持ち手がついておりハンドバックをかたどったような形になっていて、名前も見た目についても女性のハンドバックのような形をしているブーケのことをいいます。

バックブーケが活躍する結婚式については、立食パーティなどで会場を歩くときには特におすすめのブーケです。また、バックブーケは脇に持つタイプのブーケなので、花嫁のウェディングドレスの胸や腰などの前面にデザインがあるタイプのウェディングドレスの場合などにはウェディングドレスのデザインを邪魔することが無いので、そのようなウェディングドレスを着ている場合には特にお勧めです。また、バックブーケは名前の通りバックのようにブーケを手に持つことも、腕に掛けることも可能なので、バックブーケ一つでブーケの見た目、スタイルで印象をガラリと変えることができます。ブーケのイメージは常に一緒の形であまり動かさないという印象が強いのですが、このバックブーケは、持ち方を変えていろいろなスタイルで楽しむことができるので、普通のブーケでは物足りないという結婚式には特にオススメです。バックブーケはカジュアルでチャーミングな雰囲気のブーケなので、新婦のお色直しの時に身に付けるドレスや、式場ではなく、庭で行うガーデンウェディングなどの結婚式にとても良く似合います。


 

リングブーケ

リングブーケとは、ブーケの一つで、クリスマスに飾るリースの形をしたもののことをいいます。リースとは花冠のことを表します。欧米では、古くからリースをドアなどに飾る風習があります。これはリースが、永遠、幸運、幸福などを呼び込むお守りと考えられているためです。

このリースを模したものがリングブーケで、永遠や幸福を意味するブーケなのです。リングブーケはウェディングブーケ、またはリースブーケとも呼ばれ、葉や花を環状に編み込んだ形をしています。しかし環状にしなければいけないということもなく、ハート型や星型にしたりすることもできます。また花のほかに果物や木の実を編みこむなどといった、個性的なアレンジを加えることも可能です。


 

 

Copyright 2011 幸せのハッピーウェディングのために All Rights Reserved.