幸せのハッピーウェディング成功ために
   


 

たくさんあるブーケのデザインをご紹介します

 キャスケードブーケ  ティアドロップブーケ
 ラウンドブーケ  クラッチブーケ
 クレッセントブーケ  アームブーケ
 オーバルブーケ  シャワーブーケ
 バスケットブーケ  バックブーケ
 リースブーケ  リングブーケ
 

キャスケードブーケ

人気のあるキャスケードブーケとは、ブーケに使用する花が上から下に流れるような形をしていて、逆三角形のラインを描くデザインのブーケのことを言います。キャスケードブーケのキャスケードという言葉の意味をご存じですか?そのキャスケードの見た目がとてもヒントになります。

キャスケードブーケは上から下に向かって流れるようなデザインだとご紹介しましたが、自然界でそのような印象のあるものを想像すると答えがでるかもしれません。正解を紹介すると、キャスケードとは「小滝」の意味。上部にボリュームを持たせたせ、滝の流れのように下へ蔓や花を垂らした眺めは、華麗な美しさで花嫁のブーケの定番と言えるほどの高い人気を誇るブーケです。

本来、教会式の結婚式を行う場合ではこのタイプのブーケを持つのが正統なスタイルだとされています。上半身は身体に沿ったデザインで下半身にはボリュームがあるという、プリンセスラインまたはAラインや、トレーンを長くひくようなウエディングドレスととても相性がいいキャスケードブーケ。

キャスケードブーケを持つ場合には、ウェディングドレスのウェスト部分よりもやや低めに持つと全体のバランスが良く、花嫁がとても美しくみえます。

このブーケに使われる花の代表がカサブランカ。カサブランカやランなどの花材をブーケに使用する豪華でエレガントな印象を持たせることができ、更に小花をミックスすれば可憐な印象にもなります。

キャスケードブーケにもいろいろとアレンジがあり、下に流れる部分が短めのショートキャスケードブーケや、全体に細身のスリムキャスケードブーケなどのバリエーションも豊富です。


 

ラウンドブーケ

比較的小さめの花材を丸い形にシンプルにまとめたものがラウンドブーケ(round bouquet)です。数あるブライダルブーケの中でも、このラウンドブーケが最もオーソドックスなブーケのスタイルのひとつと言われているほど人気が高いブーケとなっています。

このブーケの特徴の一つが、使用されている小花たちが密集しているのでそれが幸せが溢れ出てるような印象を感じさせ、また可愛らしく華やかなイメージのある素敵なブーケです。

ラウンドブーケに使用する花材の種類や使い方次第で、ブーケをキュートにもシックにもアレンジすることが可能で、フォーマルでもカジュアルでも、どんなウエディングドレスにも合わせることができるのでとても万能なオールラウンドタイプのブーケというのも人気が高い理由の一つとなっているかもしれません。

このブーケを使用する場合には、基本的には花嫁の体型を選ばないが、特に小柄な女性にお勧めです。また小ぶりに作ったラウンドブーケは、結婚式のイベントの一つであるブーケトスに使われることもあります。


 

 

Copyright 2011 幸せのハッピーウェディングのために All Rights Reserved.