幸せのハッピーウェディング成功ために
   

出産祝いでははしゃがずにマナーを守ってお祝いしよう!

出産祝いをはじめとするお祝いやめでたい時にはお祝いをするのが習慣化していて、人生にお祝いする瞬間がたくさん起こります。それは、自分や、親戚、友達など周囲の人にめでたい事が起きても同様です。例えば、知り合いが出産した際に出産祝いを贈るのが礼儀になっていて最近では出産祝いを疎かにしているケースが目立ち、日常のお祝い事には敏感になる必要があります。

そもそも出産祝いは、知人や親戚に赤ちゃんを出産した時に贈るお祝いで、お祝いを贈る時期としては、出産した後3週間以内が目安の日数に設定され、出産祝いである赤ちゃんが産まれる前にお祝いを贈ってしまうとマナー違反になるので、フライングだけには気をつけましょう。実際に出産祝いでお祝いを贈る時に、何を贈ったらいいのか悩む人も多いでしょう。基本的に、血縁関係がある人の出産祝いの場合、お祝いを現金にするのが主流です。

出産祝いの金額のマナーにおいて、大体の相場は、兄弟や息子、娘に子供が出来た時は、数万円〜10万円が妥当で、親戚や親類の場合は、数千円〜3万円前後で考えておけば足りるでしょう。親しい同僚や友人の際は、数千円くらいがマナーです。現金を送る際のマナーは、金額のマナーです。多すぎても相手に気を遣わしてしまい、少なすぎても誠意が見えない事が考えられるので周囲の人達にマナーの相談をし、大体同一の金額で統一して送る事は利口な手段です。

兄弟や息子、娘の出産祝いには
数万円〜10万円
親戚や親類の出産祝いには
数千円〜3万円前後
親しい同僚や友人の出産祝いには
数千円程度

現金でなく、プレゼントを贈る際のマナーは何でしょう。お子さんが産まれた際のお祝いは、ベビー用品を贈るのが暗黙の了解のマナーになっている。例えば、ベビー肌着、ベビー用食器セットが一般的に好まれて贈られる傾向にあり、これ以外のマナーには、オーガニックコットンベビーバスローブなどの商品が揃っています。商品が多すぎて何を贈るか悩んだら、赤ちゃんが実際に使用するイメージができるプレゼントを選ぶのがマナーです。出産祝いを頂いたらお返しを送るのがマナーです。このお返しが出産内祝いです。内祝いは、無事に出産を終えたことに感謝の意を込め、親類などに送っていました。近頃は出産祝いを頂いた方へのお返しとして内祝いを贈る事が主流になっています。

出産祝いのお返しを贈る際のマナーには、生後1ヶ月頃のお宮参りの頃が相応しい時期になっており、現金を出産祝いで頂いた時は、頂いた金額の30%から40%前後の金額をお返しするのが一般的マナーです。物を頂いた際は、珈琲やお菓子の詰め合わせ、紅茶ギフト、タオルセット、洗剤がお返しに送られることが多く、消耗品などの方が貰った側も使い勝手がよく、喜んでもらえ、内祝いを贈る時にもいろいろとマナーを守ることが必要です。

それは、内祝いにはのしを付けるのがマナーで、のしには紅白の蝶結びを使用し、水引きの上に内祝いと表記し、内祝と記入した下の部分に、子供の名前を書き込み、メッセージカードを一緒に同封するのも近年では増加しています。近頃は、少子化問題で子供の数が減少して、少子化問題は深刻な問題になってきており、それでも、新しい命は常に誕生し、その出来事は喜ばしく、感動的な事柄です。知り合いや親戚に赤ちゃんが生まれた際には、必ず出産祝いを贈るよう心掛けましょう。

お世話になっている人にも勿論当てはまり、お祝いを頂いたら内祝を忘れるのはマナー違反です。親御さんが子供に対する愛は深く、温かく、見返りのない純粋無垢なものです。子供が生まれた時の喜びは一塩で、何物にも替え難い気持ちが沸き起こります。子供が産まれる事は奇跡や偶然の積み重ねや産物であり、親と子の絆は太く、硬いもので結ばれて、一つの命が運命を変える出来事で、人生において最も重要で大切な仕事でもあるのです。マナーを必ず守るようにしましょう。

出産祝いのお返しでもマナーがあります。

内祝いを贈る場合のマナーというと、お祝いをいただいたときのお礼という意味合いがあります。本来的には、内で起きたおめでたい出来事を、せっかくなのでおすそ分けするということが始まりですので、お祝いをいただいていなくても、お世話になった方や身内の方には贈り物贈ったり、内祝いとして家に招いたりするのが主流でした。それが現在では、お礼をいただいた方に対するお礼ということが主流になっています。贈る場面というと、結婚や出産をはじめとし、新築祝いや快気祝いなど、様々な場面があります。その中でも出産は、贈るべき大切な機会となっています。

出産祝いの内祝いは、そもそもは子どもが生まれた喜びを、親戚や友人、近所の方へ分け与えるものとして配るもので、出産にまつわるお祝いの行事の一環として行われていました。それが現在では、他と同様に、出産祝いをいただいた方に、そのお礼とお返しという意味で贈るということが一般的になっています。そして、赤ちゃんが生まれてから約1か月後に行なうお宮参りの時期の前後に贈るのが一般的です。地方によって異なりますが、お宮参りは通常、男の子なら生後31日目、女の子なら生後32日目といわれています。

赤ちゃんが生まれてから約1か月後に行なうお宮参りの時期の前後がマナー。
男の子なら生後31日目、女の子なら生後32日目

今よりも子どもを育てる環境が整っていなかった昔は、赤ちゃんが生後1か月間無事に元気に育つということは非常に喜ばしいことで、また同時にその後の成長を見守ってもらうことをお願いし、地域に加わったことを挨拶するという意味もあって、地域の神様にお参りをする習わしがお宮参りとなりました。無事1か月間赤ちゃんが成長できたので、お披露目という意味もあったのでしょう。ですから出産の内祝いも、この時期の前後に行なうというのが自然な流れとなっているようです。

出産の内祝いの品としては、食べ物や飲み物というのが最も多くなっています。ただ一口に食べ物や飲み物といっても種類は様々で、

内祝いの品物

  • クッキー
  • カステラ
  • バウムクーヘン
  • お米
  • 焼酎
  • 紅茶セット

などがあります。最近流行で人気のあるのは、カステラやバウムクーヘンに子供の名前を入れて贈るというものがあります。子どもをお披露目するという意味も含めて考えると、名前入りの場合は適しているということもあって、人気が高いのでしょう。またお米を出産内祝いとする場合には、重さを赤ちゃんが生まれた時の体重と同じ重さにするということもはやっているようです。

そういったいろいろな工夫をして、より赤ちゃんを身近に感じてもらうことで、新しい命を迎え入れてほしいという親の願いがあるのでしょう。続いて一般的な出産内祝いというと、やはり消耗品類や実用品類でせっけんやタオル、シャンプーなどがあります。日常生活に普段使うもので、いくらあっても困らないというものは、贈っても喜んでもらえるだろうということで贈られやすくなっていて、ただ、こういったタオルやせっけんといった日用品類を贈る場合、品物に名前を刺繍したり彫ったりしてあると、もらった相手としてはなんとなく使いにくくなるという気持ちが働いてしまって、使い方に困るということも起こるので、タオルなどの実用品類を贈るときは、熨斗に名前は書くものの、品物には名前を入れない方がお勧めです。

出産内祝いの配送

最近は、配送をお願いすることがほとんどとなってきました。遠くに住んでいる方や日頃時間が合わないから直接届けることができないということもあり、赤ちゃんが家に来たばかりで、赤ちゃんを抱えたまま出かけることができないということもあります。配送にする場合には、別にお礼状や赤ちゃんを紹介する簡単な手紙を添えるようにするのがマナーです。赤ちゃんの名前と写真がついていれば、出産内祝いをもらった方もうれしくなりますよね。出産祝いをいただいたお礼とそれが品物の場合には品物についての感想を一言書いておくのもマナーです。そしてさらに一言、「これからよろしくお願いします」という挨拶の言葉のマナーを添えるように。

出産後はバタバタしてしまってゆっくり選んでいる時間がないということもあって、出産前におおよその目安をつけて選んでおくという方が多くいらっしゃいます。数やお礼などや出産後でないとわかりませんが、心のこもったお礼ができるようになるためには、事前に準備しておくという方がマナーの一つだと言えるかもしれません。

 

Copyright 2011 幸せのハッピーウェディングのために All Rights Reserved.